Entry: main  << >>
大人の社会見学〜酒蔵見学編〜
 皆様、こんにちは。

食ゼミ 社会見学チーム の たかさんです。

日曜日に、ひさーしぶりに社会見学を開催したので、その報告をします。

ちなみに、過去の社会見学の様子はこちら↓↓↓↓
http://dnu-syokuzemi.jugem.jp/?cid=13

今回は、常滑市にある澤田酒造さんにお邪魔してきました。




到着したら、なんと!!社長さんに出迎えていただきました!ありがとうございます。

まずは、事務所で、お酒の造り方、お酒に合う料理、澤田酒造さんの取組など、色々

なお話を伺いました。酒饅頭のいただいちゃいました。



折り畳みます↓↓
お米を 蒸すのは、この木の桶で昔から行っているそうです。しかし、この木の桶を作れる
職人がいなくなってしまったそうです。

酒米も、有名な「山田錦」、広島の「千本錦」、北陸の「五百万石」など、作りたいお酒の味によって
使い分けているそうです。

また、自社で、田んぼを持っていて、「若水」という品種の酒米を作っているそうです。
(若水は、愛知県で作出された酒造好適米です)




酒造りにかかせないお水も、蔵から離れたところにある湧き水を、自家水道をひいて
使用しているそうです。

お水、おいしかった。



続いて、普段酒造りを行っている場所を案内してもらいました。

案内をしていただいたのが澤田酒造の澤田さん(中央)。

途中パネル展示もしてあって、非常に説明がわかりやすかったです。

蔵の中も、整理・整頓が行き届いていてすばらしかった。

ちなみに下の写真は、麹のお話を聞いているところです。




蔵の中を見せていただいた後は、試飲タイム。

澤田酒造さんのお酒を、一つ一つ説明を聞きながら飲みました。

同じ銘柄で、火入れする前の生酒と火入れ後のお酒を比較したのですが、

香や味がまったく違っていました。個人的には、生酒の方が好きです。

同じ酒蔵のお酒でも、使っているお米や作り方などで、香や味わいが全く違う
ことに驚きました。



休日にも関わらず、ご対応していただいた澤田様、ありがとうございました。

酒造りについて、色々勉強になりました。

次回は、実際の酒造りの現場を見に行きたいと思っています。お楽しみに★

その後は、常滑を満喫してきました。

常滑の牛乳を飲みゼミ生。。。(笑)

うまそう!!

| 食ゼミ | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:21 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Category

Archives

Comment

Search

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM
--

Mobile

qrcode