Page: 1/1   
お花見は団子?それともビール? 〜3月キッチン追加募集のお知らせ〜

3月のキッチンの追加募集のお知らせです。まだ若干名の参加ができます。

今回は初のアイシングクッキーを作ります。

講師は遠藤恭子先生です。

春が近いのでお花見をテーマに優しい色合いのクッキーを作りましょう♪

アイシングクッキーは食べないで飾っておくのも楽しいです。ぜひ体験してみてください。

当日は真ん中でお茶の時間も入れまして持ち帰り用とは別にアイシングクッキーの試食会も致します。

これがまた・・なかなか楽しいですよ♪

ご参加お待ちしています。担当はまつです。

参考までに講師の先生のブログも載せますのでご覧ください。

JSAアイシングクッキー認定講師 遠藤恭子先生

http://ameblo.jp/todayko55/entry-11991340206.html

◎日時 3月15日(日) 9:30〜12:30 受付9:00〜

◎場所 東生涯学習センター第一和室

http://yahoo.jp/QvOM0v

◎参加費 1500円

◎持ち物  エプロン タオル クッキー持ち帰り用のタッバーなるべく平たいもの

(クッキーを重ねないようにしたいので)

◎定員10名(定員になり次第締め切ります)※当日キャンセルはキャンセル料を頂きます。
※お一人一通の申込みをお願いします。
※小学生以下の参加は保護者同伴にてご参加ください。小学生の参加も出来ます。
※当日の連絡先担当まつ・・申し込み後で連絡先をお送りします。

参加希望の方は以下のフォームメーラーでお申し込みください。お待ちしております。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/47e85f02350945


 

| 食ゼミ | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食ゼミ新年会 カレーキッチン



大変アップが遅くなりましたが、2015年食ゼミ新年会の模様を書きます〜。

今回はメンバーで、お家のカレーを持ち寄ろうということで♪

最初にどどーんと載せましたが、みんながカレーを持ち寄って新年会の開催となりました。

各家庭の味は本当にさまざまで

チキンのバターカレー

牛すじのカレー二種

キーマカレー

野菜たっぷりカレー

ホウレンソウのインドカレー

などたくさんのカレーを皆さんが作ってきてくださいました。



ルーの色も違います。一度にいろんなカレーが食べられて、皆嬉しそうでした。

カレーを作った人から、作り方のコツや感想なども一言ずつ聞けて良かったです。

私自身も作ったのですが、ほぼ作り方も、材料もほぼ同じの人がいたけれど

味もかなり違うなーと勉強になりました。・・コクの出し方とか聞いて参考になりました。

もちろん、それぞれとても美味しかったです♪



またカレー以外を作ってきてくださった方も。力作★スゥィーティーのゼリー寄せや、豆乳の生姜スープ

エビのマカロニサラダ

などなど、美味しいものがたくさん並びました。



男子では、この日初めてカレーを作って持ってきてくださった方や、上の写真にありますが

キャベツとコーンの男らしい?ワイルドなサラダを作ってくださった方など。

初・カレー作りなんて、うれしいですね。頑張って持ってきてくださいました。



食ゼミ新年会と並行して横では、わたひろさん率いる食ゼミメンバーがタルトタタンの制作中。



そのタルトタタンのりんごを使って

カレーきっちんのみんなにも「シューアイス&あたたかいリンゴ」のスペシャルなデザートを

作ってくださいました。冷たいシューアイスと合って最高においしかったです。

本当にごちそうさまでした。

カレーの持ち寄りは初めてだったと思いますが、皆があれもこれもと、ご飯にかけて食べてる姿はとても楽しそうでした。

2015年の今年、食ゼミのきっちんは第50回も控えこれからも益々楽しみです。どんなレシピが出てくるのでしょうか♪

またきっちんに遊びに来てくださいね。



以上新年会のご報告でした〜♪










 
| 食ゼミ | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『食ゼミ通信』 第1号

『食ゼミ通信』 第1号 >>> ダウンロード (PDF:145kb)

はじめまして!食ゼミです

 みなさん、はじめまして。食ゼミ・リーダーのりえと申します。
 私たち食ゼミは、今年2月大ナゴヤ大学の授業に参加した折、
 マルシェ・ジャポンに出展していた生産者さんや来場者の方々との交流を通して、
 「この機会にもっと食を追求していこう!」という声が参加者から上がったことをきっかけに生まれました。
 月1回のミーティングを重ね、農業体験・社会見学・調理実習の3チームが、
 それぞれの活動を通して食についての知識や関心を高められるようになってきています。
 結成から約半年が経ち、ゼミ生は30人ほどになりました。
 年令・性別・職業も、食に対する興味・考え方・好みもみんなそれぞれ。
 個性豊かなメンバーが集まっています。
 ゼミ生は随時募集中ですので、興味のある方はお気軽に参加してください!
 今後もいろいろな方面に成長してゆく食ゼミを、どうぞよろしくお願いします!

食ゼミ誕生のいきさつ

 2/13(土)、栄・もちのき広場で開催されたマルシェ・ジャポンを教室に、
 大ナゴヤ大学の授業「野菜を知る、触れる、アートする。」が行われ、
 参加者は野菜のカービングやマルシェ見学を体験しました。
 そして、その場で出会った人々が意気投合して「食ゼミ」を結成。
 5/1(土)のマルシェ・ジャポンに出店して、野菜を使ったケーキのクイズを実施しました。
 その後もゼミ生を増やし、鋭意活動中!本日(10/16)はマルシェ・ジャポン2回目の参加です。

大ナゴヤ大学とは?
 2009年9月設立。
 「街がキャンパス」「誰もが先生、誰もが生徒」をキーワードに、
 毎月第2土曜日ナゴヤ圏を中心に「授業」を行う生涯学習・まちづくり団体です。
 大ナゴヤ大学ホームページ:http://dai-nagoya.univnet.jp/

活動レポート

大人の社会見学 屮屮疋η星燹

 9/26(土)初めての社会見学を「葡萄のふくおか」さんで行いました。
 先生は、福岡英憲さん。ブドウ農園の2代目です。
 福岡さんの農園は日進と豊田にあり、今回は地下鉄平針駅からわずか徒歩10分!!
 住宅街の中にある日進園でブドウ棚を見せていただきながら、お話をうかがいました。
 ブドウ栽培は作業のひとつひとつを全て人の手で行うこと、
 イノシシや野鳥などの天敵との攻防が大変なこと、
 ブドウの色や甘みを左右する天候のことなど、初めて聞く話ばかりでとても勉強になりました。
 すぐ近くの直売所には、種なしや皮ごと食べられる珍しい品種など
 たくさんの種類のブドウが並べられていて、絶え間なくお客様が来ていました。
 ブドウがおいしいのはもちろんですが、僕のオススメはぶどうジュース!
 今シーズンのブドウの直売は終わってしまいましたが、
 ジュースは11/26〜28の冬の直売で買えるそうなので、ぜひ飲んでみてください。(たか)

 ※葡萄のふくおか※
 〒470-0126 日進市赤池町西組39-2
 http://blogs.yahoo.co.jp/budouya_akaike

大ナゴヤキッチン 屬蠅鵑粥さつまいものマフィン」

 調理実習チーム主催の「大ナゴヤキッチン」。
 10/3(日)、第1回目は秋の味覚をたっぷり使った2種類のマフィンを作りました。
 11人の参加者のうち、なんと男性が6名!
 初めて会う人同士でも、調理を通してとっても楽しい雰囲気になりました。
 お菓子作りは初めてという方がいたり、こちらの不手際があったりで少しバタバタしたところもありましたが、
 みんなで協力しあいマフィン作りは大成功!
 焼きたてホカホカのマフィンをおいしく試食しました。
 ところで、今回の旬の食材・リンゴ。
 手に取ったとき「ベタベタしてる!」って思ったことはありませんか?
 実はこれ、水分の蒸発を防ぐためにリンゴの果皮から出た脂肪酸が皮をコーティングする
 「油あがり」と呼ばれる現象で、食べ頃のサインなんですよ。
 また、リンゴは水分が多いので、
 余ったケーキなどを一緒に保存すればスポンジのパサつきを抑えてくれる効果もあります。
 おいしくてためになる大ナゴヤキッチンは、これから月1回開催してゆく予定です。
 次回をお楽しみに!(のり)

食ゼミ×朝活サークル「朝食について語ろう!和食編」

 あなたはご飯派?トースト派?がっつり派?食べない派?
 人の数だけ朝ごはんはあります。
 みんなで一緒に朝食を食べながら、朝ごはんの大切さや和食のおいしさについて語り合う、
 そんな朝食会が9/26の朝開かれました。
 ご飯に合うおかずを持参するのが今回のお約束。
 集まった13名の参加者自慢の一品は、
 朝食の定番から珍しい地方の名産品まで様々で、食卓がとってもにぎやかになり、
 朝からテンションが上がります!
 この日のために初めてお取り寄せに挑戦した!なんて方も。
 お互いのおかずをシェアしながら、
 朝食に対する熱い思いや普段どんな朝食を食べているかなどなどいろんな話で盛り上がり、
 身も心も満腹なステキな朝になりました。(ちか)

大ナゴヤ流しそうめんプロジェクト&オリジナルめんつゆ@8/28大ナゴヤ大学スタッフBBQ

 とっても暑かった今年の夏。
 「流しそうめんでもして、清涼感を味わいたいな〜」というつぶやきに端を発して始まった「流しそうめんプロジェクト」。
 どうせやるならトコトンやってやろうと、岐阜の山に分け入って自分たちで竹を伐採、
 割って、フシをとって、やすりをかけてと、台から手作りしました!
 本番では強風で台が倒れる(!)というハプニングもありましたが、
 無事そうめんは流れ、みんなで楽しむことができました!(かねこ)
 そんな流しそうめんのために、食ゼミ生はオリジナルめんつゆを用意しました。
 しょうゆ・みそ・塩・トマト・ゴマがベースの5種類の変わりめんつゆ。
 苦労の甲斐あって、参加者のみなさんにも大変好評でした!(おぎぃ)

秋の味覚のレシピによせて

りんごマフィンとさつまいもマフィン

 マフィンという名前の由来は、―性が手を温めるのに使う“muff”、
 ▲侫薀鵐晃譴如屬笋錣蕕いパン」を意味する“pain mouffet”など諸説あります。
 おいしいマフィンに焼き上げるコツは、グルテンがあまり出来ないよう薄力粉をサックリと混ぜること!
 成功すればフワッフワのマフィンが出来上がります。(りえ&のり)

かぼちゃクッキー

 お菓子を作るときは、塩分の入っていない「無塩バター」を使うのが基本ですが、
 甘みに塩気が加わると、味がキリッと締まってより甘さが感じられるようになるので、
 今回はあえて「有塩バター」を使いました。
 コーンスターチを少し入れると、サクッとしたおいしい味わいになりますよ!(わたひろ)

れんこんバーグのヘルシープレート

 秋の食材は、食べておいしくカラダに良いものがいっぱい!
 レンコンに含まれるポリフェノールなどの成分は、花粉症の症状緩和に効くそうです。
 エリンギには脂肪の吸収抑制・便秘改善・代謝アップなど、ダイエットに嬉しい効果があるそうですよ!
 食べすぎに注意して、食欲の秋を楽しみましょう♪(ちか)

くりのシチュー

 学校給食には欠かせない思い出深い一品と言えば、ビンの牛乳。
 牛乳を作る工程で、生乳を撹拌すればするほど含まれる脂肪やタンパク質が小さくなって、
 牛乳の味が薄く感じられるようになるそうです。
 同じような成分の牛乳でもメーカーによって微妙に味が違って感じられるのには、
 そういう理由もあるんですね。(かぶ)

(2010年10月16日(土)発行)
| 食ゼミ | 22:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Entry

Category

Archives

Comment

Search

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM
--

Mobile

qrcode